1. HOME
  2. 企業理念/歴史

企業理念/歴史

企業理念

PHILOSOPHY

企業理念 PHILOSOPHY

ワシントン靴店の企業理念は「LOVE PEOPLE  LOVE SHOES」

ワシントン靴店は「人が好き、靴が好き」な社員の集まりです。「LOVE PEOPLE  LOVE SHOES」という言葉は当社の大切なテーマであり、社員一人ひとりの生き方にも反映されています。
これは創業者が大切にしてきた「誠実」「真面目」「努力」をモットーとして「私たちは仕事を通じて人さまによろこんでいただき、私たちも大勢の人さまに支えていただいている」という考え方からきております。
私たちは、世の中の方々に「ご満足」と「幸せ」を提供するために、毎日の仕事を心を込めておこなうことに努力を続けています。そして大勢の方に支えていただいてこそ会社の発展と私たちの幸せが実現できると考えております。

歴史

HISTORY

歴史 HISTORY

国際都市「銀座」に生まれて80余年

創業者の東條舟寿(たかし)は長野県に生まれ、1906年(明治39年)に単身渡米し、オレゴン州ポートランドにグローセリーストア(食料品店)を開店し成功させました。店名はワシントン街にあったので「ワシントングローセリー」と命名、これがのちの「ワシントン靴店」の由来となります。
ワシントン靴店は、1933年(昭和8年)銀座5丁目に間口2間半(25坪)の小さな靴店から始まりました。世界でも有数の商業地域である銀座で、多くのお客様の支持を頂きながら、銀座店の拡大を遂げ、1964年(昭和39年)10月に現在の銀座本店ビルが完成いたしました。
ワシントン靴店は創業以来、靴を通して文化の発展に貢献してきました。靴はFASHION&FUNCTION、つまり美と機能の両方を備えてなければなりません。美しい靴そして履き心地の良い靴を提供することを使命と考え、これからも人さまに幸せをお届けし続けたいと考えています。