Shoes & Bagnbsp;靴と鞄について

靴のお手入れ方法

靴は、ほんの少し手間をかけていただければ美しさを保つことができます。足になじんだお気に入りの靴を大切にお履きいただくための、お手入れ方法のご紹介です。

素材編

スムース革
1.
最初に汚れをしっかり落とします。縫い目、ヒモなどの間などのホコリをブラシでよく払いましょう。
2.
クリーナー(汚れ落としクリーム)を使ってさらにきれいに。 柔らかい布を指先に巻きつけて、そこにクリーナーをつけ、汚れや古くなったクリーム油分を落とします。
3.
靴クリームは、靴にじかにつけず、柔らかい布に少量つけて、のばして使うよ うにします。色は同色かやや薄めの色を選び、目立たない所で試してから全体に塗ります。
4.
仕上げは柔らかい布で少し力を入れて磨きます。クリームを塗って、栄養分が革にしみ込むのを待ってから磨く方が効果があります。
Page Top
起毛革(スエード、ヌバックなど)
起毛革専用ブラシで毛足に合わせてホコリを落とします。とれにくい汚れは、専用の消しゴムを使います。
色の薄くなったところは、起毛革専用のカラースプレーで色を補いましょう。 撥水スプレーを仕上げに使いますと汚れもつきにくくなります。
Page Top
エナメル革
汚れやホコリを柔らかい布でよく落とし、エナメル専用クリームを柔らかい布でよくのばして十分乾拭きします。
Page Top
パール・メタリック革
汚れやホコリを柔らかい布でよく落とし、乾拭きします。専用のクリームを使うときでも目立たないところでよく試してみてからお使い下さい。
Page Top
撥水加工(完全防水ではない)の革
スムース革
汚れは湿った柔らかい布で拭きとり、乾燥(影干し)後、靴クリームをご使用下さい。撥水性が落ちてきたら、撥水スプレーをご使用ください。
起毛革(スエード・ヌバックなど)
ゴム製またはナイロン製のスエードブラシで叩き出すようにブラッシングするだけで十分です。ブラシでとれない汚れは、靴専用消しゴム等をご使用下さい。撥水性が落ちてきたら、撥水スプレーをご使用ください。
Page Top

状況編

雨に濡れてしまったとき
濡れた靴はシミになりやすくなりますので、水分をふくんだ布で全体を濡らした上で、乾いた布等で水分を吸収します。
まるめた新聞紙にティッシュをかぶせて(新聞紙だけですとインクがつくことがありますので)靴の中に詰めて形を整え、風通しの良い場所で陰干しを。
Page Top
靴の内側の汚れが気になるとき
靴の内側の親指のつけ根あたりや、かかとの内側に黒いシミがついて気になるときは、スエードやヌバック革の汚れ落とし用の消しゴムで軽くこすりますと、気にならなくなります。
Page Top
ガムがついてしまったとき
甲革、底革、ゴム底などにガムがつくとなかなかとれません。
紙などで、おおよそとった後、クリーナー(スムース革の汚れ落としローション)を布につけて軽くこすると、とれやすくなります。
Page Top